未分類

今すぐお金が必要!無審査で借りる方法

今すぐお金が必要なのに、審査を受けている時間がないとか審査に通る自信がないというケースもあり、「無審査でなんとかならないものか」と考える人はたくさんいます。

通常の方法では困難ですが、まったく不可能というわけでもありません。

お金が必要だからといって闇金には手を出さない

無審査の業者は100%闇金

インターネットで「無審査で融資」「無審査 お金が必要」「審査なし お金借りる」などで検索すると、かなりの数の検索結果が表示されます。なかには簡単に借入できるようなことを書いているホームページもあります。

ただ、法律によって正規の貸金業者であれば、必ず審査をしなければならないことになっており、「無審査で貸します」と言っているところは、ほぼすべてが闇金です。

闇金というのは、貸金業としての正式な認可・登録を受けていない組織で、会社でさえないことが多くあります。やっていることは、お金に困っている人をターゲットにして違法な金利や無理な取り立てによって、お金をだまし取ることです。近年では個人間融資やソフト闇金というもの存在しますが、やっていることは変わりません。人の弱みにつけこんで、貴重なお金をむしり取る犯罪者です。

インターネットでも多く見かける機会がありますが、以下のような記載があったら闇金と考えていいでしょう。

・誰にでも貸します

・ブラックでもOK

・審査なしで貸します

・携帯電話の番号しか記載していない

・貸金業者としての登録番号が記載されていない

・住所の記載がない、またはビル名まで書かれていない

・絶対貸しますと記載している

・インターネットの匿名掲示板でしか名前を目にしない

・契約書類がない

・家族や実家、職場の情報を要求してくる

・融資するまでの流れが不自然

ダメ元で大手の消費者金融業者をあたってみよう

「今すぐお金が必要だが無審査でなんとかならないか」と考えているということは、様々な要因はありますが、何かしらの事情で審査に通る自信がないということでしょう。

長期延滞をしてしまってブラックリスト入りしているとか、個人属性で難がある、どこかの消費者金融の審査に落ちたなどといった理由です。こういったときに自信を失って「無審査 借りる」などのワードで検索してしまいがちです。

長期延滞をしてしまってブラックリスト入りしているとか、個人属性で難がある、どこかの消費者金融の審査に落ちたなどといった理由です。こういったときに自信を失って「無審査 借りる」などのワードで検索してしまいがちです。

検索結果に数多く表示される闇金に目がいってしまうのも無理ないところですが、こういうときこそ大手の消費者金融にあたってみましょう。

大手消費者金融の審査

大手のなかには「クレジットカードの強制解約を受けたことがある」「クレジットカードの支払いを踏み倒している最中である」「任意整理してから5年経っていない」などの状態でも審査に通過させるところがあります。

実は消費者金融業者や銀行は、正規でお金を貸すことによって闇金に騙される人を減らそうとしています。「自分たちが実施した審査に落ちたことによって、人生を棒に振るような人が増えるのは良いことではない」という認識は広く共有されており、ある程度の条件付きですが、信用情報に問題がある人や通常なら借入契約を結べないような個人属性の弱い人にも貸し付けを行っています。大手の消費者金融業者の審査に通過できた事例として以下のようなものがあります。

大手の消費者金融業者の審査に通過できた事例として以下のようなものがあります。

・収入が100万円以内で正社員でもない。勤続年数も短い。クレジットカードの強制解約を受けたことがある。親族の結婚式に出席するのに祝い金や礼服を買うお金がなかったので、大手の消費者金融業者に10万円の借入を申し込んだら審査に通った。

・クレジットカードの延滞でブラックリスト入りしている。無職だったが就職が決まって2ヶ月目に入った。年収は300万円くらいになると思う。家賃や光熱費を滞納しているが、どこからも借りることができなかった。大手の消費者金融業者に事情を話したら限度額10万円で審査に通った。

2つの事例に共通するのは以下の点です。

・仕事をして定収入がある。

・利用限度額が10万円。

・資金使途がはっきりしている。

利用者の事情を考慮して温情で融資されたという事例です。まずはダメ元で大手の消費者金融業者に相談してみましょう。リアル店舗に直接出向くと、それだけ切羽詰まっていて緊急性が高いと判断されます。

中小の消費者金融業者を利用する

大手の消費者金融業者は銀行の傘下に入っていることが多く、その分審査が厳しいという側面も持っています。プロミスは三井住友銀行グループであり、アコムは三菱UFJ銀行グループの一員です。

プロミスもアコムも他に多くの銀行の保証会社となっており、もしこれらの消費者金融業者で問題を起こしたことがあるときには、保証会社となっている銀行のローンの審査に通りにくくなります。

審査に通過できるのは、おおよそ2人に1人というデータもあり、審査に自信がないという人にとっては多少ハードルが高く感じられるのも無理はないでしょう。

大手の審査に自信がないというときには、中小の消費者金融業者にあたってみるのも良い方法です。無審査というわけにはいきませんが、審査に柔軟性があります。中小の業者は大手の審査で断られたような人たちを顧客とします。大手よりも審査を柔軟にして、できる限り融資する方向で考えてくれます。

小規模の消費者金融業者は「街金」とも呼ばれ、地元密着で長年営業していることが多く、地元の人であって地元の会社に就職しているといったときに、多少の信用力が足りないという程度なら貸し付けしてもらえる可能性があります。

街金は名前の通り街の金融機関で、地元の事情を良く知っており、お金に困っている経営者などに融資してきた実績があります。使い方のコツは、審査にあたって直接来店することです。申込者の人柄込みで審査してくれます。「絶対に返済する意思がある」ことを示すと、その意欲で貸し付けすることもあります。

質屋なら無審査で今すぐお金が手に入る

質屋のシステム

完全に合法の会社で、無審査でお金を貸してくれるところの代表が質屋です。質屋は古くからある「金貸し」のひとつで、長年営業してきた実績のあるところが多く、信頼性もあります。

質草と呼ばれる担保によってお金を貸し付けるお店で、期限までに金利と元金を返済すれば担保は戻ってきます。返済できないときには「質流れ」という状態になり、質草で弁済(代わりに返済すること)するというシステムになっています。

質屋のシステムは非常に単純です。品物を質屋に預けることでお金を借ります。期限までに元金と利息を支払えば品物が戻ってきますが、期限までに返済できないときには預けた品物は質屋の所有物になります。その代わり、返済する義務がなくなります。

担保にする品物があれば、無審査でお金を借りることが可能です。現在はブランド品や高級時計などを取り扱うというイメージが先行していますが、実際には「売ってお金になるものなら何でも」取り扱います。

利用するにあたって必要なのは担保にする品物と、身分証明書だけです。身分証明書は、本人確認のために必要であって審査とは関係ありません。氏名や住所を確認して、品物を預けるために証明書が必要というだけです。

健康保険証だけでも通用します。品物の査定は長くても30分程度で済みます。昔から営業しているだけあって、あっという間に査定が終わり、すぐにお金を貸してもらえます。

利息の仕組みは?

質屋に品物を預けるときには利息がかかります。この質屋の利息は、銀行や消費者金融業者のカードローンとは違っているので注意しましょう。消費者金融業者や銀行には利息制限法という法律があり、貸付額が「10万円未満なら年率20%、10万円以上100万円未満なら年率18%」と上限が定められていますが、質屋の場合には質屋営業法という別の法律が適用されます。

この法律では、年率計算すると非常に高金利となります。質草の鑑定や保管、防犯などの費用がかかるために、銀行や消費者金融業者とは別の法律を適用することになっており、利息制限法が適用されません。

また、質屋の金利は「月利」で表示するのが慣例となっています。月利表示なので一見すると安いように感じますが、利息制限法からすると金利は高くなります。

大手質屋の月利

借入額月利
100万円以上1.25%
50万円以上~100万円未満2.0%
10万円以上~50万円未満5.0%
1万円以上~10万円未満6.0%
1万円未満8.0%

月利ですので単に12倍すると年率になります。たとえば、10万円を借りると月利は5%ですので年率にすると60%です。利息制限法では10万円なら年率18%が上限ですので、かなり高金利になると言っていいでしょう。

期限は?

質屋によっても変わってきますが、たいがいの場合でお金を借りられる期間は3ヶ月です。この間に利息を含めて全額返済できれば質草は戻ってきます。

その店舗独自のルールもありますが、3ヶ月以内に一部でも返済できれば返済期間を延ばすことも可能です。返済できないときには預けた品物は質屋の所有物となり、店頭に並べられて売却されます。

質屋は利息の収入だけでなく、質草の売却による利益も大きいものがあります。たとえば価格が時価100万円になる品物を質入れしたときに60万円を借りることができたします。

2ヶ月後に利息の10万円を加えて70万円を返済して質草を戻す予定だったとき、返済ができなければ質屋は借入金の返済を求めない代わりに、質草の所有権を取ります。この質草は質屋が店頭で売却したり、転売して儲けを出します。

もし品物が90万円で売れるとき、貸した70万円との差額の20万円が質屋の利益となります。時価よりも安く市場に出せば、品物が売れるまでの時間が短縮できます。

質屋が一般的に買い取りよりも低めの価格で貸し出しするのは、こういった転売の利益確保が理由です。

質屋のメリット

返済の義務がない

質屋を利用する最大のメリットは「返済する義務がない」点にあります。もし返済できなかったとしても、質流れによって質草を確保できるので質屋は損することがありません。取り立てもありませんし、消費者金融業者を利用するときのような在籍確認もありません。担保があるというのは、大きな意味があるということです。

品物の時価よりも低い価格で貸すので、もし返済がなければ担保の品物を売却してそれで利益が出るだけですので、質屋に損失は出ません。

ブラックリスト入りでも利用可能

質屋にとって重要なのは品物の価値であって、質屋に来た人の信用力ではありません。そのため、消費者金融業者や銀行が行うような審査はありません。もし消費者金融業者のカードローンの支払いを延滞していても、自己破産中であっても、品物さえあればお金を借りられます。

ブラックリストに入っていても利用可能です。限度額も特に定められていません。自分の持っている価値のある品物の分だけ利用することができます。

信用情報に関係ない

質屋には審査もありませんし、個人信用情報機関ともまったく関係ありません。消費者金融業者からお金を借りて返済しなければ、信用状に傷がつき、ブラックリスト入りする危険があります。

ところが、質屋は信用情報機関とはまったく関係がないので、もし返済しなくても品物が質流れになるだけで、信用情報にはまったく傷がつきません。

商品と本人確認書類だけで済む

どこの質屋でも、運転免許証か健康保険証などの本人確認書類が必要になります。これは古物営業法という法律に基づくものです。逆に考えると、売りたい品物と本人確認書類さえあれば質屋でお金を借りることができるということでもあります。

事前の連絡も必要ありません。単に店舗に行って、本人確認書類を見せて品物を渡せば、あとは鑑定結果を待つだけです。30分程度でお金を手にできます。

質屋のデメリット

金利が高い

質屋の最大のデメリットは、金利が異常に高いという点にあります。質屋は基本的に「月利」で利息を徴収します。年率ではありません。銀行や消費者金融業者などでは、通常は年率を表示することになっています。

たとえば年率18%で10万円を借入したら年間の利息は1万8000円で、1ヶ月におよそ1479円が利息となります。法律で定められた質屋の上限金利は「月利9%」です。これを年率に換算すると108%という超高金利となります。10万円の108%は10万800円ですので、かなり不利な借入ということになります。

来店が必要

質屋は基本的に来店が必須です。宅配サービスを使って品物を送るシステムを採り入れているところもありますが、これは質入れではなく買い取りサービスです。消費者金融業者のなかにはすべてWebで完結するスタイルの貸出をしているところもありますが、質屋では来店せずにお金を借りることはできません。

質屋は品物の査定後に、借り手が納得してから融資契約を結ぶという形態を採っているので、どうしても対面でのやり取りが必要になります。そのため、品物を店舗に持参する必要があります。

無審査ですぐにお金を作る裏技

FX業者を使ってカードを現金化する

海外FX口座を開設する

FXは外国の通貨に投資する先物取引で、少額の資金で運用できて手数料が安く、24時間取引を実行できることから始めやすい投資として人気があります。

この取引を使ってクレジットカードを現金化することが可能です。

まずはクレジットカードから入金できるFX業者に口座を開設します。必要なものは身分証明書と、公共料金の領収書などの住所証明となる書類です。この手法が使えるのは主に海外のFX業者で、代表的なところとして「iforex」があります。

具体的な方法

現金化の方法

具体的には、海外FX業者で口座を開設して、そこにクレジットカードのショッピング枠で入金し、すぐに任意の口座に集金するという方法で現金化を行います。FX口座ですので、クレジットカードの現金化だけでなく投資を行って利益を上げることも可能です。

海外FXは海外の通貨と日本円を両替して、時間差による差額を利益とする方法で、1万円程度から取引できます。一定の法則を理解すれば、欲張らない限り少額を儲けることができます。その利益を一緒に出金すると良いでしょう。

ただし、クレジットカードのショッピング枠を使って入金しているので、その代金は翌月以降に支払う必要があります。

dポイントでAmazonギフト券を買う

dプリペイドカードを発行する

dポイントはドコモの利用によって貯められるポイントです。ポンタポイントやセゾンカードの永久不滅ポイント、LINEポイントとの互換性があり、様々に散らばったものをかき集めると、かなりのポイントになります。

これをAmazonのギフト券に替えて現金化すると、無審査でお金を手に入れることができます。まずはdプリペイドカードを発行しましょう。公式サイトにある入会ページから申し込みます。発行まで1週間ほどの時間を要します。

チャージする

dプリペイドカードから届いたら、そこにチャージします。クレジットカードやインターネットバンキングからもチャージできますが、ここにdポイントからのチャージを選択します。貯まっているポイントをdプリペイドカードのほうに移しましょう。

dポイントの特徴は、1pt=1円であることです。かなりお得に使えます。チャージの上限が1万円という点には注意が必要です。

Amazonギフト券を買う

dプリペイドカードにチャージできたら、Amazonギフト券を購入します。購入は通常のAmazonでの買い物と同じですので、特に迷うところはないでしょう。ここで決済にdプリペイドカードを使います。

Amazonの決済画面に「その他のお支払いオプション」が表示されるので、そこで「カードを追加」からdプリペイドカードの情報を入力します。入力したらdプリペイドカードで決済します。

現金化業者に売却

購入したAmazonギフト券は現金化できます。eメールタイプのものを買っておくと、Web上ですべて完結するので自宅に居ながらにして現金を手にできます。Amazonギフト券を売却できる業者は数多くあります。

注意したいのは、業者の換金率です。

手数料という名目で10%から20%を差し引かれた額でしか売れません。換金率の高い優良業者に依頼して、より多くの現金を手にしましょう。

バンドルカードを使う

ポチッとチャージ

バンドルカードは、スマホ上で利用するプリペイドカードです。プリペイドなので通常は前払いですが、これを後払いにする機能がバンドルカードにはあります。この機能を使って、たとえば携帯キャリア決済で利用してネットショッピングをすることが可能です。

この後払いシステムを「ポチッとチャージ」と呼んでいます。

ポチッとチャージの特徴

・利用限度額は最大2万円

・後からコンビニや銀行のATMなどでの支払い

・スマホ1台だけで審査なし

Amazonギフト券を購入して売却

ポチッとチャージでバンドルカードにチャージしたら、Amazonにバンドルカードを登録して、eメールタイプのAmazonギフト券をバンドルカード決済で購入します。購入したギフト券を買い取りショップに売却します。

換金率は店舗によっても異なりますが、おおよそ80%から90%程度です。ポチッとチャージで入金できる最大金額は2万円ですので、スムーズに事が運べば、1万8000円を審査なしで借りることが可能です。

まとめ

銀行や消費者金融業者で無審査でお金を借りることは不可能ですが、別の方法でお金を作ることは可能です。

ただ、どれも一時しのぎですので、とりあえずの現金を手にできたら後のことを考えるようにしましょう。