職員室の声

職員室の声

 

 

鹿児島第一中学校職員が、週2回、リレーでお届けするフリーメッセージです。

 

思い(森山)

2018-05-29

 こんにちは。4月に赴任した森山です。今回,「職員室の声」初体験です♡

 

 さて,高校の方では,高校総体が始まり引退をした3年生も出てきました。私自身,9歳の頃からバスケットをしているので高校総体も経験しました。この時期になると今でも高校3年生のインターハイ予選を思い出します。あの時,あのシュートを決めていれば・・・あのオフェンスを止めていれば・・・と悔いの残った大会でした。でも,あの経験がなかったら今の私は居ないのかな,とその経験を励みにしています。

 

 バスケットの方は,5月26日からスタートをしました。男子は,残念ながら1回戦で敗退してしまいましたが,女子は1回戦を勝ち上がり,27日の2回戦進出を決めました。2日間,私も久し振りの高校総体を経験し,自チームはもちろん,他チームの悔し涙や3年生の涙をたくさんみました。そういう子ども達の姿をみてバスケットに対する思いだな,とバスケット愛に嬉しく思う反面,寂しい気持ちにもなりました。しかし,目の前にあることに対して思いをかけるってとても大事なことだと改めて気づかされました。とても良いことですよね。その思いが強ければ強いほど,涙も出てきてしまいます。私も選手の時・指導者の時,と涙を流した経験があります。「思い」って大事ですね。

 

 

(森山 知佳)