職員室の声

職員室の声

 

鹿児島第一中学校職員が、週2回、リレーでお届けするフリーメッセージです。

 

習慣力(上薗)

2017-05-16

 

ある番組で、東大生に対してどのようなイメージをお持ちですか?

という質問がありました。

以下、司会者の発言です。

「あの東大に合格したんだから、きっと天才なんだろう」

「寝る間も惜しんで机にかじりついていたガリ勉に違いない」

こんなイメージを抱く人がほとんどだと思います。

けれど、そのイメージは間違っています。

東大生だって、時間を巻き戻せば、部活動に夢中になったり、 ゲームに必死になったり、友だちとのメールや電話に夜を費 やしたりするごく普通の高校生でした。

では、なぜ普通の高校生が、東大に合格することができたので しょう。

それは、勉強を日々の生活の中にうまく溶けこませてしまう「習慣力」を持っていたからなのです。

「習慣力」とは、例えば、新聞を毎日読む人がいたとします。

その人は毎日続けることに苦痛も何も感じませんね。

なぜなら、生活の一部なっている、というようなことです。

「習慣力さえ身につければ」志望大学も夢ではないかも?

 

① 自宅学習に一工夫の習慣力を!

~ちょっとずつでも「続く」勉強が大切~

 

② 面倒くさがりは授業で覚えろ!

~点数がみるみる上がる授業中の習慣~

 

③ 余計なことをしないのが受験の近道

~教科書を100%身につける習慣~

 

中間テストも近づいています。

第一中生のみんなも参考にしてみてはどうでしょう?

 

 

(上薗 弘久)