職員室の声

職員室の声

 

鹿児島第一中学校職員が、週2回、リレーでお届けするフリーメッセージです。

 

姶良地区総体(吉井)

2017-06-16

 

 昨年10月に行われた新人戦で準優勝と奮闘し、今回の姶良地区総体にも第3シードとして出場した男子バスケットボール部でしたが、残念ながら県総体出場はおろか最終日にコマを進めることはならず、2日目で敗退となりました。

 

 奇しくも、新人戦の決勝リーグでは1点差の勝利で準優勝を勝ちとった相手である加治木中学校に、逆に今回は1点差の敗退で涙を呑み、最終日への進出を逃す結果となってしまいました。

 

 優勝したのはノーシードから勝ち上がった国分中学校。新人戦の一回戦で僅差の逆転勝利をおさめ、子供達が自信をつかむきっかけとなった相手でもありました。

 

 新人戦で準優勝したことも、またそれ以上に、結果には恵まれませんでしたが、地区総体まで上位チームに引けを取らない成長を続けることができたチームに正直納得(満足)しています。そして、僅差で勝利を逃してしまった原因(山ほどありますが)は、そこに満足し「是が非でも勝ちたい。勝たせたい。」という気持ちが私の心の中になかったことが一番だと振り返ります。

 

 

 

 

  とは言え、満足や納得以上の悔しさや、新チームへの期待、そして繰り返すようですが3年生の頑張りを讃えたい気持ちや高校での活躍を望む気持ちが、心中に同居していることも嘘ではありません。

 

 

 

 

子ども達も私自身も、これからも頑張ります!!

 

 

(吉井 誠司)