職員室の声

職員室の声

 

 

鹿児島第一中学校職員が、週2回、リレーでお届けするフリーメッセージです。

 

平成最後(森山)

2018-12-14

 何かと今年は「平成最後」という言葉を沢山聞きました。

 

 昨年,天皇陛下が退位されることが決まり、「平成」があと1年半で終わるということに衝撃を受け,あれから1年経ったのかーと時の流れの早さを感じています。私が生まれ育った時代が終わるのはちょっぴり寂しいことですが,新しい時代に期待を込めて進んでいこうと思います。

 

 

 さて,先日今年の漢字が発表され,災害が多かった年ということで「災」に決定しました。皆さんは今年の漢字を自分にあてはめて考えてみるとどんな漢字になりますか。

 

 私は・・・変化の多い年だったように思います。公立中学校を離れ,鹿児島第一中学校に採用になり働き,環境が変わり様々なところで変化のあった年でした。それと同時に様々なことが良い方向に進んだ年でもありました。漢字一字でと言われてもなかなか決定できませんが,間違いなく私にとっては良い年だったと思います。皆さんはどんな年でしたか。色々苦労もあったけど,良い年だった!と思える年だと良いですね。

 

 

 2019年,災害が少ない良い年になるように期待を込めて年末年始を過ごします。

 

 

(森山 知佳)