職員室の声

職員室の声

 

 

鹿児島第一中学校職員が、週2回、リレーでお届けするフリーメッセージです。

 

終わりよければ。(宮永)

2019-02-08

 

 昔から、「光陰矢の如し」や「歳月は人を待たず」などと言われてきましたが、学校生活において1番早く時間が過ぎるのを感じるのは、まさにこの時期ではないでしょうか。

 

 皆さんの会話のなかに、「もう2月か!」や「もう進級か!」と言った驚きの言葉が聞こえてくるのはこの時期特有ですね。

 

 私自身も、3学期は「1月『行く』・2月『逃げる』・3月『去る』」ということを毎年実感しながら過ごしています。

 

 そして、3月には「卒業式」や「立志式」という人生においても大切で重要な行事があります。

 

 どのような態度、表情で、第一中学校の皆さんが臨むのだろうかと期待する気持ちでいっぱいです。

 

【平成29年度 立志式より】

 

 「終わり良ければ総て良し」 これは、私が好きなことわざの一つです。

 

 「今まで、失敗や間違いを少なからずしてきたけれど…今年度最後のけじめとして3学期はやってやる!!!」 という意識で、残りの年度を過ごしてほしいと思っています。

 

 

(宮永 しおり)