未分類

絶対お金が借りれるところってないの?

銀行や消費者金融の融資には審査というものがある以上、「絶対に借りれる」ということはありません。もしそのような広告を出しているところがあったら、ほぼ100%闇金と言っていいでしょう。

ただ、あくまで高確率で借りれるというだけですが、柔軟な審査をしてくれる金融機関はあります。

絶対お金が借りれる所はない

誰でも必ず借りれるはずがない

誰でも必ず借りることのできる金融機関というものはありません。あったとしても、無登録・無許可で営業している闇金でしょう。正規の業者であれば絶対借りれる保証はありません。

正規の貸金業者は信用情報機関から個人の金融利用履歴を照会しなければならないことが、法律によって定められています。ここで照会した結果、たとえば申込者が自分の年収の3分の1以上の借入をすでにしており、総量規制という規制を超えているときには契約をすることができません。

業者の温情や申込者の熱意とはまったく関係ありません。もし総量規制を超えた貸付をしていることが金融庁に発覚したら、業者には厳しい行政指導が入りますし、最悪で業務停止命令が下る可能性があります。

業者としては、そのようなリスクは避けたいので、総量規制に抵触しない程度に貸出しています。

また、もし他社からの借入の返済に遅れている状況では、無理に貸しても返済されないリスクがあります。そのまま自己破産されてしまったら、業者は貸したお金がそのまま損失になってしまいます。

それ以外にも、たとえば無職の人、仕事をしていない人、無収入の人は返済能力がないので貸したお金は返ってこないと判断されます。

「絶対お金が借りれる」などのキーワードで検索する人は、消費者金融などの個人向け融資の審査に落ちてしまっており、審査に通りやすい、または審査がないようなところを探している状態でしょう。

無審査でお金を貸してくれるところはない!

急ぎの用立てのときには、気持ちが焦って「無審査で融資」「ブラックでもOK」などの言葉に乗せられてしまうかもしれません。そういった業者は100%闇金です。闇金と関わりを持つと生涯にわたって苦しめられます。決して手を出さないようにしましょう。

どうして「絶対お金が借りれる所」を探すのか

「絶対お金が借りれる所」「必ず借りられる」などのワードで検索しているということは、信用情報に不安があって申し込みをためらっていたり、過去に金融事故を起こしたことがあってブラック状態になったりしているのかもしれません。

他にも、いくつかの業者に申し込んだのにどこの審査にも通らなかった人や明らかに審査の条件を満たしていないことが分かっている人は、お金のことではかなり悩みが深いでしょう。

通常は以下のような条件に当てはまっている人は消費者金融業者や銀行からお金を借りることはできません。

・3ヶ月以上の延滞をしたことがある

・特定調停や任意整理をしたことがある

・カードを強制解約されたことがある

・個人再生や自己破産をしたことがある

こういった金融事故が信用情報機関に登録されていると、金融機関からの信用が失われている状態です。信用がなければ消費者金融業者からお金を借りることはできません。消費者金融業者や銀行のカードローンは、無担保で保証人が不要のローンです。

貸す側と借りる側をつなぐものは、申込者本人の信用だけです。信用がなければお金は借りられません。

とはいえ、こういった情報が登録されている人にお金を貸してはならないというルールがあるわけではありません。一部の業者に限りますが、条件付きで借入契約を結ぶことができることがあります。

「絶対借りれる」などの闇金の広告に乗らない

「絶対借りれる」「絶対貸す」「必ず融資」などのワードで検索すると、数多くのページがヒットします。表示されるサイトには「ブラックの人でも100%融資します」「借金の額に関係なく即日融資」などと記載してあり、思わず手を出しそうになりますが、こういった記載や広告を出しているところは闇金ですので注意しましょう。

このような宣伝文句で顧客を惹きつけるような広告は貸金業法に違反しています。法律違反の広告を出しているところが、正規の業者であるはずはありません。

【闇金が出す誇大広告の実例】

・ブラックの方でも100%融資します

・多額の借入があっても即日融資が可能

・絶対に借りれるカードローン

・絶対審査が通るカードローン

・誰でも審査に通ります

・絶対貸してくれる消費者金融

・超ブラックでもOK

・審査がどこにも通らない人に貸す会社

・多重債務でも借りれる

この他にも多くの甘い勧誘文句で、お金に困っている人の関心を引きつけようと狙ってきます。

貸金業法第16条

「誰でも審査に通る」とか「確実に借りれる」「必ず審査に通る」などのような文言は、貸金業法でいう誇大広告にあたるため、法律に違反しています。貸金業法第16条には以下のような記述があります。

こうした規定があるため、正規の業者なら貸金業法に違反する広告をすることはありません。誇大広告を出しているところは、高額な金利で貸し付けて無理な取り立てで返済させる闇金ですので、絶対に利用しないようにしましょう。

おまとめローンも検討しよう

絶対お金が借りれる所」で検索するという人は、すでに多額の借入があって金融機関の審査に通らなくなっている可能性もあるでしょう。現在、貸金業法で定められている限界は「年収の3分の1」です。

この限界値に達しているときには、どの業者の審査を受けても通過できませんし、銀行でも自主規制として総量規制を導入しています。人によっては、クレジットカードのショッピング枠も目一杯使ってしまっており、まったく身動きが取れない状態なっているかもしれません。

こういった状況で借りることができる手段は、おまとめローンくらいしかありません。

おまとめローンは貸金業法によって規定されている総量規制の例外として借りることができます。すでに借入額が大きくなって返済に困っている人のために、総量規制を超えた額を借りるようにした制度です。

従来は銀行が取り扱うおまとめローンが主流でしたが、銀行の個人向け融資の審査が厳しくなり、申し込みしても融資が受けられない状況になってきました。そのため、消費者金融業者が提供するおまとめローンや借り換えローンが注目されています。

消費者金融業者の提供するおまとめローンは、他社からの借入をひとつにまとめて、返済専用としてそれ以上借りることができないローンです。おまとめローンを契約した消費者金融業者が利用者に代わって他社の債務をすべて返済して、あとは一本化された借入先に完済するまで返済しつづけます。

もし借金生活を終わらせたいのであれば、完済するまで返済するだけになるおまとめローンがおすすめです。消費者金融業者が提供するものは、即日融資も可能です。もし他社借入の返済日が明日になっていて、それでもまったく手元にお金がないという状態からでも融資を受けられます。ぜひ検討してみましょう。

「絶対借りれる消費者金融極甘審査ファイナンス」の危険性

お金に困っているときに、たとえば「誰でも借りれる」「絶対借りられる」「審査が甘い」などのワードで検索すると、多くの怪しいサイトが表示されます。なかでも、アクセス数が多いのかグーグルの検索機能を巧みに使っているのか理由は判然としませんが、「極甘審査ファイナンス」というサイトは頻繁に目にするサイトです。

お金が必要という人にとって「甘い審査基準でお金が借りられる」となったら、非常に魅力的に見える「極甘審査ファイナンス」ですが、このような文句で人をひきつけようとするサイトは、まず信用できないと断言していいでしょう。

一般的にカードローンの審査で重視されているのは、返済能力があるかどうかという点で、金融機関は貸したお金が返ってくるだろうと判断した人にだけ融資をします。返済能力を判断することなく「絶対借りれる」とするサイトは疑われて当然です。

極甘審査ファイナンス

このサイトの特徴は、明確に金利を表示していない点です。貸金業法では金利の上限は10万円未満なら年率20%、10万円以上100万円未満なら年率18%と定められています。貸金業者なら、公式サイトにしっかりと自社で採用する金利を明示する義務があります。

それにもかかわらず、何も表示がないのは法律で定められた以上の法外な金利で取り立てようとしていると疑われても仕方ないでしょう。

また、借入の申し込みフォームが用意されていますが、何も借入条件が提示されていないのに、氏名や住所、電話番号、生年月日など個人情報を入力するようになっています。

違法な業者はこういった情報をやり取りしており、気軽に個人情報を渡してしまうと後から非常に厄介なことになります。

極甘審査ファイナンスは、「闇金」への誘導サイトである危険性が高く、かかわり合いにならないほうが得策です。こういった闇金への誘導サイトはネット上に多数存在しており、お金に困っている人の弱みにつけこんで、様々な方法で近づいてこようとします。注意しましょう。

中小の消費者金融なら審査に柔軟性がある

大手の業者より審査は柔軟

「絶対に借りれる」とは断言できませんが、中小の消費者金融業者なら審査は大手よりも柔軟で、多少信用情報に問題があるような人でも審査に通過できる可能性があります。

顧客となる人は、そのほとんどが大手で断られるような人たちです。

大手の審査ではじかれる人たちをお客さんとして貸付してきた実績があり、ノウハウも蓄積されています。

大手と中小の審査の違い

審査大手中小
審査方法最初は機械による自動審査最初から担当者が審査
審査落ちする人・信用情報に問題がある
・借入件数がある
・総量規制を超えるとき

大手のカードローンは申し込みする人がたくさんいます。そのため、まずはコンピューターによる自動的な審査を実施して時間や手間を省きます。

この段階で、たとえば他社での返済で問題を起こしたことがある人や、借入件数が多い人、金融事故を起こしたことがあって信用情報に傷がある人などを審査落ちさせます。

一方、中小の金融機関は最初から担当者自身が審査をします。信用情報は閲覧しますが、それだけで審査の可否を決めることはありません。

顧客となっているのは事情のある人ばかりで、担当者も慣れています。担当者自身が「多少の問題はあるが、この人なら貸しても大丈夫だろう」と判断すれば審査に通します。

かといって、誰でも通過できるほど審査が甘いわけではありません。現在の返済能力がしっかりあることが重要です。また、総量規制を超えてしまっているときには、いくら中小業者でも貸付できないので注意しましょう。

大手との違い

1.追加融資できないものが多い

大手と中小の融資での大きな違いは、大手は限度額の範囲内で何度でも追加融資を受けることができるのに対して、中小ではいったん融資を受けた後は完済するまで追加融資できないという点が挙げられます。すべての中小がこのスタイルではありません。

なかには大手と同様にローン用のカードが発行されてコンビニなどの提携ATMを利用して限度額内で追加融資を受けられるものもあります。中小の業者のホームページを見て、商品説明に「証書貸付」となっているときは基本的に追加融資されない1回限りの融資と考えていいでしょう。

2.自動契約機がない

大手の業者のメリットのひとつが、全国に自動契約機が設置されている点です。アコムの「むじんくん」は見たことがない人はいないと言ってもいいくらいに数多く設置されています。

中小の業者には、そうした契約機を設置するだけの企業規模はないため、契約にあたって多少の不便を感じることがあるでしょう。

3.審査難易度は低い

利便性、即日融資を受けやすいなどの点では大手の消費者金融業者のほうが上ですが、中小の業者には審査が柔軟という大きなメリットがあります。

絶対に借りられるとは言い切れませんが、担当者が申込者の情報を精査し、ときには面談もして審査します。なかには、申込者の人柄の基準となっているところもあります。

闇金との見分け方

貸金業登録があるか

中小の業者は、知名度が劣っているために闇金との見分けがつきにくいというデメリットがあります。まるで正規業者のような闇金もあれば、まるで闇金のような正規の中小消費者金融業者というのもあります。

正規の業者かどうかを見分けるのに最も分かりやすいのが、貸金業登録があるかどうかです。貸金業を営むには財務局もしくは都道府県から認可を受ける必要があります。

正規の業者であれば公式サイトの下のほうに「日本貸金業協会会員」という記載があり、そこに登録番号が記されています。その登録番号が正しいものであるかどうかは、金融庁の「特録貸金業者情報検索入力ページ」を利用して調べることが可能です。

固定電話があるか

最も手っ取り早いのは、固定電話の有無です。貸金業者は法律上、固定電話の設置が義務付けられています。逆に闇金は、逃げやすくするために特定の事業所がなく固定電話を設置していません。

ただ、近年ではレンタルの固定電話があり、そこから携帯電話に転送できる機能があるため、ホームページを一見しただけでは固定電話を設置しているかのような闇金もあります。簡単なチェック程度にしかならないので注意しましょう。

ホームページの記載内容を確認

正規の貸金業者は、たとえ信用情報に問題のある人にも貸し出ししていても、それを宣伝文句として使いません。正規の業者であれば、「ブラックでも貸します」などの文句を法律上使うことができないからです。逆に、もし違法な業者であればこうした誇大広告も平然と出します。

電話してみる

闇金業者かどうかを見分けるのに有効な方法は、ホームページに記載された番号に直接電話を掛けてみることです。もし電話で「融資するには保証金が必要」とか「総量規制以上でも貸します」などと言ったら、100%闇金です。

金利についても、貸付額に対して「10万円未満なら年率20%、10万円以上100万円未満なら18%」よりも高い金利を言い出すような業者は闇金です。絶対利用しないようにしましょう。

中小の業者の利用上の注意点

必要書類が多い

業者によっても異なりますが、中小の消費者金融業者は申し込みのときに提出する書類が多くなることがあります。というのも、中小の業者に申し込むような人は信用力に欠ける人たちが多いため、それを補うために審査が慎重になるためです。

大手の消費者金融業者なら、本人確認書類だけで無人契約機で簡単に契約することが可能ですが、中小の業者の場合には、たとえば住民票や収入証明書を提出しなければならないこともあります。電気やガス、水道などの公共料金の領収書や納税証明書などを提出するところもあります。

住民票があって、そこに本人確認書類で確認できた当人が居住しており、さらに公共料金を支払っているということは、それだけ夜逃げするリスクが低いと判断されます。

書類の用意だけで時間がかかることもあるので、中小の業者に申し込むときには公式サイトを良く確認しましょう。分からないところは電話で問い合わせるなどの手間もかかります。その分、審査は柔軟に対応してもらえます。

利便性が高くない

大手の業者には自動契約機が設置されており、申し込みや契約、融資で便利に使うことができますが、中小の業者でそういった契約機を設置しているところは非常にまれです。

また、大手には自社ATMがあり、利用するのに手数料がかかりません。自社ATMだけでなく提携している銀行やコンビニのATMを使うこともできます。ところが、中小の業者にはそういった利便性はありません。融資は主に銀行振込で、返済も銀行口座への入金です。

ローンカードが発行されることもないため、追加融資を受けたいときには、その都度申し込みが必要です。休日や夜の遅い時間帯に融資を受けるのも困難です。

契約時だけでなく、利用においても多少の不便がありますが、これも審査が柔軟な点とトレードオフと考えましょう。信用力に欠ける人や他社で問題を起こした人、債務整理をして間もない人にも貸し出しするメリットがある反面で、利用者はこのような不便も引き受ける必要があります。

ただ、近年では無人契約機を設置している業者もありますし、コンビニと提携してATMを利用できるようにしている中小の業者もあります。そういった業者ではローンカードを使って簡単に追加融資も受けられます。

融資限度額は低い

大手の消費者金融業者では融資限度額が500万円以上というところが少なくありません。審査次第では800万円を融資する大手もあります。それに対して、中小の業者では多くても利用限度額は50万円程度です。

契約当初は10万円くらいに設定されることが多くあります。これも、大手では断られるような人を顧客としている影響です。融資額を絞って貸し倒れリスクに対応するというのが中小のスタンスです。

中小でもおまとめローンを提供しているところがあり、そういったローンでは高額の融資も期待できますが、通常の申し込みではあまり高額を期待しないようにしましょう。

申し込みから融資まで時間がかかり、低い限度額で追加融資は再度申し込みというのが中小の業者です。

絶対借りられるとも言い切れません。ただ、どうしてもお金を借りたいというときや、他では契約できないという状態のときに貸してくれる正規の業者というと、中小業者しかありません。良く比較検討して選択しましょう。

サービスで大手に劣る

中小で契約するときに注意したいのが金利です。法定金利は「融資限度額10万円未満のときに年率20%、10万円以上100万円未満では年率18%」です。大手の場合、10万円未満の契約でも金利が18%に設定されることがほとんどです。

中小の場合には、契約時に融資額が「9万9000円」と設定され金利が年率20%を適用されることがあります。これも貸し倒れリスクに対応したやり方です。9万9000円なら法律上も年率20%が認められており、10万円融資してしまうと18%を超える年率を適用できません。

また、中小の業者では返済方法が銀行振込だけしかないというケースも多く、そのときには振込手数料は利用者負担です。これも返済の都度かかってきます。余計な費用がかかるのはデメリットでしょう。

その他、大手ならサービス業らしく催促電話は女性スタッフがするなど対応をソフトにしていますが、中小の業者ではサービスに対する意識に差があり、かなりストレートな物言いをするところもあります。

借入したらきちっと返済していきましょう。返済に遅れたり支払いを忘れたりしなければ良いだけの話です。

まとめ

「絶対お金が借りれる所」というのは正規の業者では存在しません。あるとすれば闇金です。闇金はいったん関わりを持つと後から非常に面倒です。

人により事情は様々ですが、闇金に関わるくらいなら多少の不便は甘んじて受け入れて中小の業者を利用しましょう。